高収入の仕事に就くなら|医療事務の資格を取ろう

診療報酬請求事務能力試験

ハートと聴診器

難関試験で人気があります

通信講座のランキングでも常に上位にある医療事務。勤務地を選ばなくても仕事ができることや、一度退職した後でも復職しやすいことが人気の理由です。そのため医療事務の仕事は特に女性に人気があり、出産などで一時職場を離れても復帰する人が少なくありません。ところで医療事務の仕事を行うために、特別な資格は特に必要ありません。だから医療事務が未経験でも、仕事を始めることは十分可能です。ですがこの仕事は経験がものをいう場合が多く、未経験者と経験者が同時に応募したら経験者の方が優先されるケースが多いです。そのため就職の選択肢を広げるためにも、医療事務系の資格を取得しておくことをおすすめします。資格があれば医療や保険に関わる知識があるとみなされ、就職活動を有利に進めることができます。ただ医療事務関係の資格には色々種類があるため、どれを取ればよいか迷ってしまうでしょう。通信講座で資格の内容をチェックすれば良いですが、できるだけメジャーなものを取っておくことが得策です。その1つが「診療報酬請求事務能力検定試験」です。診療報酬請求事務能力検定試験は、数ある医療事務系資格の中でも人気がありますが、合格率が30〜40%であるため決して簡単ではありません。しかしこの試験に合格すれば、評価が高まり就職に有利に働きます。実際に医療事務の現場でもこの試験を受ける人が多く、使える資格として評判です。独学での勉強が難しければ、通学制のスクールや通信講座を活用して資格獲得を目指しましょう。

景気に左右されにくい業界

医療事務の仕事をするためには、特別な資格は必要ありません。しかしある程度の知識がないと現場では通用しないため、就職した後でも良いので資格を取得しておくと良いでしょう。資格を取っておくと、転職や再就職しやすい利点があります。

医療の現場で役立つ資格

医療事務関連の資格は実に10種類以上に及びますが、その中でも評価されているのが診療報酬請求事務能力検定試験です。この試験は全国統一で実施されており、合格率が約30%となっています。実際に就職してから、この資格を取らせる医療機関もあります。

通信講座と通学講座

医療事務の資格を取得するためには、独学・通信講座・通学講座の3つの方法があります。独学の場合問題集を買って勉強しますが、特定の試験に特化したテキストがあまり市販されていません。そのため通信講座や通学講座で勉強することになりますが、それぞれの特徴を理解して選択すると良いです。